アトムレンズ !?

Asahi opt. S.M.C. TAKUMAR 135mm f3.5というレンズが我が家にやって来ました。

まだ部屋撮りしかしてませんが、以前紹介した55mm f1.8というレンズをそのまま
望遠にしたような写りのようで、柔らかいボケ味も似てる。
暗めに写すと黄色味が増してくるのも同じ。

e0191335_23232156.jpg


僕はこれは古い製品全般の特徴なんだと思ってました。
ビンテージギターやシンセサイザーも、ラッカー塗装や白鍵が黄ばんでるのが多いので。

ところがなんとネット上で、すごい情報を見てしまった…

このレンズには放射性物質が含まれているという疑惑!

なにやら「硝材に特定の放射性物質を混ぜると、一部の光学性能が上がる…」と書かれている。
で、この硝子玉が黄色くなってるのは、オールドレンズファンの間で「放射能焼け」と呼ばれているらしい。

う〜ん…確かに30年以上前に作られたとは思えない写りに感じます。
[PR]

by wild_yellows | 2009-10-21 23:45 | 雑記

<< 熊の空 夕暮れ時の花園 >>