MFは続くよ、どこまでも

レンズを買いました。
楽器やワインで云うところのビンテージ
白黒フィルム時代の代物なんで、当然マニュアルフォーカス

しかし、往年の貫禄とはこういう事を言うのでしょうか?
どれも思った以上に味わいのある写りになりました。

例えば普通のペンダントライトが、こんなふうに
e0191335_1805681.jpg


コレなんか洗濯物ですよ
なんとなく 女性が撮影したような、ハイキーでフェミニンな感じに見えませんか?
e0191335_1811327.jpg




こんなのも、窓際というだけでなんか意味ありげな写りに…
e0191335_1813380.jpg




これなんかも端正な顔立ちに
e0191335_1815362.jpg


いやぁ、正直驚きました
ビンテージってすごいです。

まぁ、値段も相当すごいんですけどね。




なんと! 4,800円也  

書き間違いじゃありません。世の中の今の相場がこの価格なんですよ

どうやら私の親の世代に流行ったカメラのレンズだったみたいで
当時、かなりの量が出回ったらしいです。

気になった方「m42 マウント」でググってみて下さい。

ちなみに、これは「ASAHI SMC TAKUMAR F1.8 55mm」という日本製のレンズですが
ほかにもドイツ製、ロシア製、フランス製など、m42マウントレンズは色々あるみたい。

なんだかワクワクします。



追記:本日の写真、EXIF情報が一部壊れています。
[PR]

by wild_yellows | 2009-08-30 18:50 | 雑記

<< ローカル線の車窓から 年の功? >>